当社は、大阪府守口市より消防設備点検、自動火災報知・非常放送・スプリンクラー・ダクト消火などの消防設備に関するあらゆる業務を行っています。

点検から報告まで

  • HOME »
  • 点検から報告まで
[ステップ1 点検前の事前打合せ]

消防設備点検を初めて実施される方は、まず点検から報告までの簡単な流れと
点検内容についてご説明させていただきます。
その後に、点検の日程調整をさせていただきます。
建物が共同住宅の場合は、事前に点検チラシを配布させていただきますので、
点検チラシについてもご説明させていただきます。

 

[ステップ2 点検の実施]

建物に設置されている全消防用設備を点検させていただきます。
設置されている設備によっては、断続的に非常ベルが鳴ったり、
各部屋にご入室させていただく必要があるなど、
建物を使用されている方々のご協力が必要となります。

 

[ステップ3 点検票の作成]

点検を実施した各消防用設備の点検票を正副2部作成させていただきます。
建物の規模にもよりますが、点検票作成まで約1週間の日数が必要となります。

 

[ステップ4 不備の改修」(事前に御見積書をご提出します)]

点検の結果、不備が発見された場合は、不備改修のための御見積書を
お渡しさせていただきます。
お渡しの際、「何が悪いのか?」などできるだけ丁寧にご説明させていただき、
ご納得していただいた上で、不備の改修作業を行います。

 

[ステップ5 所轄消防署への報告]

点検票の必要個所にご記名、押印をいただき、所轄消防署へ点検票を2部提出します。
正副の点検票の内、正本は所轄消防署の控えとなり、
副本がお客様のお控えとなりますので、
副本は大切に保管していただきますようお願いします。

 

<報告についての豆知識>
販売店舗・病院など不特定多数が出入りする建物は、
「特定防火対象物」といい、1年に1回の報告義務が定められています。
マンション・工場などは「非特定防火対象物」といい、
3年に1回の報告義務が定められています。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6901-2234 受付時間 8:30 - 17:30 [ 日・祝日除く ]

カテゴリー

  • カテゴリーなし
PAGETOP
Copyright © [KBS] 株式会社 喜多防災商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.