当社は、大阪府守口市より消防設備点検、自動火災報知・非常放送・スプリンクラー・ダクト消火などの消防設備に関するあらゆる業務を行っています。

スプリンクラー設備

<1.ヘッド数による配管径の設定について>

管径は、原則として配管摩擦損失計算を行い決定すること。
なお、下記表のように取り付けられるヘッド数により管径を設定することができる。
また、枝管に取り付けられるヘッド数は、配水管から片側5個以下であること。
null

<2.同時開放ヘッド数による配管径の許容ヘッド数について>

配水管又は枝管の管径が下記表により設けられた場合は、
「水力計算により算定された配管の呼び径」とみなすことができる。
この場合、枝管(直接ヘッドの取り付けられる管)に取り付けられるヘッドの個数は、片側5個を限度とする。
なお、勾配屋根や建築構造上やむを得ず片側5個を超える場合は、片側8個を限度とし、
ヘッドの許容数は(  )内の数とする。
null

<3.流水検知装置のサイズ選定について>

該当するスプリンクラーヘッドの同時開放個数に基づき、流水検知装置のサイズを(内径)を選択すること。
null

<4.はり・垂れ壁がある場合の閉鎖型ヘッドの設置について>

原則として、下記の図及び表の例よること。ただし、同図H1及びDの値については、
当該ヘッドからの散水が妨げられる部分が他のヘッドより有効に警戒される場合には、この限りではない。
null

<5.閉鎖型スプリンクラーヘッドの取付について>

(標準型および小区画型スプリンクラーヘッド)
(ア) スプリンクラーヘッドは、ヘッドの軸心が取付け面に対して直角になるように設ける。
(イ) スプリンクラーヘッドは、デフレクターと取付け面との距離が0.3m以下となるように設ける。
(ウ) 標準型スプリンクラーヘッドのデフレクターから下方0.45m以内には、
何も設けられ、または置かれていないこと。
null

<6.防火対象物に対するヘッドの水平距離>
null

※1高感度型ヘッドとは、感度種別が1種で、かつ、有効散水半径が2.6m以上のものをいう。
※2従来型(平成7年9月規格省令改正以前のものを含む)
※3開放型ヘッド
※4耐火建築物:主要構造部を耐火構造とした建築物で、外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に
建築基準法施行令に定める構造の防火戸その他の防火設備を有するものをいう。
※5r:高感度型ヘッドの有効散水半径で、2.6m以上2.8m以下とし、特例検定にて承認された値である。
この値は、使用する高感度型ヘッドの製造メーカーに確認する必要がある。

<7.小区画スプリンクラーヘッドついて>

旅館ホテル等(5項)、病院等、福祉施設等(6項)の宿泊室、病室等に設置するもの標準型ヘッドまたは、
小区画型ヘッドを使用する。小区画型ヘッドを使用する場合は次のアからウまでによる。
(ア) スプリンクラーヘッドは、天井の室内に面する部分に設ける。
(イ) スプリンクラーヘッドは、水平距離が2.6m以下で、かつ、一のスプリンクラーヘッドの防護面積が
13m2以下となるように設ける。
(ウ) 宿泊室、病室等には、談話室、娯楽室、居室、寝室、教養室、休憩室、面会室、休養室が該当する。
ただし、それぞれ52m2(ヘッド4個相当)以下の場合のみとする。
(旅館ホテル等(5項)、病院等、福祉施設等(6項)の宿泊室、病室等および廊下通路等に設置するものは、
標準型ヘッドまたは、側壁型ヘッドを使用すること。)

<8.スプリンクラーヘッドを省略することができる部分>

次に掲げる部分は、スプリンクラーヘッドを省略することができる。
(ア) 発電機室、変圧器室、およびその他の電気室
(イ) エレベーターの昇降路、エレベーター機械室、リネンシュート、パイプシャフト
(ウ) 直接外気に開放されている廊下、および外部の気流が流通する場所
(エ) 手術室、分娩室、内視鏡検査室、人工血液透析室、麻酔室、重症患者集中治療看護室、
その他これらに類する室
(オ) レントゲン室等放射線源を使用、貯蔵、または、廃棄する室
(カ) 準地下街の地下道で通行の用に供される部分
(キ) 水噴霧消火設備、泡消火設備、二酸化炭素消火設備、ハロゲン化物消火設備、
または、粉末消火設備を技術基準に従い設置したその有効範囲部分
※法令上は、スプリンクラーヘッドを省略することができるが、
スプリンクラーヘッドを設置したほうが望ましい部分については省略しています。

<9.閉鎖型スプリンクラーヘッドの標示温度の設定>

スプリンクラーヘッドの標示温度、設置場所の最高周囲温度、標示色
null

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6901-2234 受付時間 8:30 - 17:30 [ 日・祝日除く ]

カテゴリー

  • カテゴリーなし
PAGETOP
Copyright © [KBS] 株式会社 喜多防災商会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.